男性側に不妊の原因があるケース

不妊といと言うと女性に原因があることがほとんどですが場合によっては男性側に原因があることがあります。
男性に原因があるケースは全体の1/4だと言われています。原因不明のケースを含めるとその数は増えます。
男性不妊のケースであるとかつては戦争時に南方へ出征したときに感染症にかかり高熱を出して男性不妊となることがあったようです。
現在においても男性の側に原因があるケースでは多忙であったり、長時間残業や不十分な食生活によっても起きるようです。
世界的に見て男性の精子の状態が悪くなっている言われています。そのほかにも男性の機能障害、EDと言われる勃起障害がると言われています。
通常であれば女性に対して性的な興奮するのが男性ですが、加齢であったり、長年連れ添った女性であると男性器が勃起しないという事があるようです。
日本では世界的に見て性行為がなくなってしまう夫婦が多いと言われています。つまりセックスレスです。
女性は30代後半になると妊娠するのは難しくなる、時間がかかることが多く、それにセックスレスが加わるとさらに妊娠は難しいものとなるようです。
男性としては毎月に女性から求められることも重圧と感じてしまうこともあるようです。こういったことも不妊の原因となることがあるようです。
不妊においては女性側の検査は充実して受けることがありますが男性側の検査はあまり充実していない、普及していないというのが現状です。
男性不妊の男性は結婚したのにも関わらず子どもができないことを辛く思い自分でなければ幸せにしてあげられるのではないかと、
離婚を考えることもあると言います。

Mie.Net みぃねっと - 不妊症、不育症のこと - 富山県
http://www.pref.toyama.jp/sections/1205/mie.net/5002.html
しかし、女性として生まれたからには一度は妊娠して出産させてあげたいという苦悩があるといいます。
精子提供ボランティア ゆのんの種さんhttps://yunonnotane.com/

いろいろないきかた

さいきんでは結婚しても子どもを作らない夫婦や、婚姻届けを出さないという夫婦も増えてきました。
またそういった生き方もまた認められる時代になりました。
女性が子どもを望むことは尊い願なことは今も昔も変わりません。男性不妊の場合には精子バンクを利用する選択もあります。
その他でも養子を受け入れるという選択もあります。しかし、事前に審査などがあり全員が受け入れられるわけではありません。
特に独身の女性が40代になり子供を産めなくなり養子を検討しても迎え入れることができなくて困っている話もあります。