働く女性と出産適齢年齢

働く女性の増加

work-women

女性が社会で働くようになったのは日本では戦後に始まると言われています。
特に日本においては男女雇用機会均等法が大きく影響されたと言われています。
この法律が成立したのが1985年です。今まではどうしても職業の採用において男女が不平等にあつかわれていました。
男女雇用機会均等法により仕事のスキルアップによる昇進や解雇についても男女差別することが禁止されました。
一昔前では専業主婦と言う言葉をよく聞いたものですが、女性が社会で働くようになった最近では聞かなくなりました。
現在の日本では働く女性が増えたものの50%近くの女性が非正規社員とされていてまだまだ課題が残る形となっています。
また正規社員だったとしても男性に比べて結婚や出産が前提となっているために昇進のスピードが遅いと言われています。
働く女性に必要とされているのは育児休暇や子供を産んでも仕事に影響が出ないような環境だと言われています。
こういった出産育児に関する環境が整えさえすれば女性のキャリアアップや昇進もスムーズにいくのではないかと言われています。
現在日本では海外に比べると育児休暇や産休などはきわめて取りにくいとされています。
海外では現在の職業を維持しながら産休や育児の時間をとれる仕組みがありますが、
日本においては妊娠、出産、育児に関する時間を取るには一度仕事を退職して、
その後、パートなどの仕事に新しく従事するということが多いと言われています。

働く女性にとっての精子バンク

basket-baby

日本では働く女性にとって産休、育児休暇を取りにくく環境は恵まれているとは言えません。
一方海外では働く女性の産休、育児休暇が取りやすくキャリアや昇進も約束されています。
そのため結婚・出産にたいして前向きだと言われています。海外では働く女性は精子バンクを利用することがあると言います。
精子バンクを利用して、子供を一人で産んで育てることです。日本においても産休、育児などの環境が整いつつあるので、
こうした精子バンクの利用をすることがあるようです。日本だと精子バンクはないので提供精子がおすすめです。

精子提供ボランティアHOPEhttps://nihonseishibank.com/
精子提供ボランティアあおい鳥さんhttps://spermdonation-volunteer.org/
無料の精子バンク聖なる鐘さんhttps://www.hollybell.net/

本来であれば病院などで行われる提供精子ですが海外の精子バンクから取り寄せ必要であったり、
精子バンクの使用といっても受け入れてくれる病院探しや費用が高いことなどハードルが高いようです。
こうしたサービスの使用するのもよいかもしれません。

働く女性にとっての子ども

baby-alone

働く女性にとって、女性に生まれたからには結婚をして子どもを産みたいという気持ちはどんな人にもあるものです。
しかし働く女性は未婚率は男性よりも多いといわれています。特に30代働く女性ではその半数が結婚していません。
不思議なことに女性は収入が高ければ高いほど未婚であることが多くなるという逆転現象が起きています。
結婚においてもパートや派遣社員などの非正規社員は結婚できないということを想像してしまいがちですが、
非正規社員よりも正規社員のほうが未婚率が高いと言われています。特に専門職の仕事、資格を有する仕事で
一生懸命に働く女性に未婚は多いようです。しかし、一生懸命に働いているとあっという間に30代後半そして40代ということになってしまい、
結婚や子供をあきらめることになることも多いようです。